ヨガはそもそもどこで生まれたものなのか

何かとダイエット法や健康術で取り上げられるヨガ。
変なポーズをとることによって様々な健康効果が得られると言うことをご存じの方も多いかと思います。
でも、あんなこといったいどこの誰が思いついたのでしょうか。
ヨガはそもそもなんなのかについてお教えしたいと思います。

古代のインドで誕生

ヨガは遙か昔のインド、ガンジス川のほとりで生まれたと言われています。
なんとお釈迦様が生まれる前にはすでにヨガがあったと言われていますから、その歴史が大変古いものと言うことはおわかりいただけるでしょう。
インドの伝統的な修行法の一つであり、元々は宗教的な意味合いが強いものでした。

健康法として注目

時がたつにつれ、「ヨガは健康に役立つのでは無いか」と見る向きが多くなりました。
宗教的な修行法くらいでしか行われていなかったヨガが世界中に広まるきっかけとなったのは健康法という視点だったのです。
それゆえ、アメリカやヨーロッパで健康法としてヨガが広まったのです。

誰でもOK

先ほど「ヨガは宗教的な修行法」と述べましたが、現在健康法として実践する分には何らかの宗教に入信しなければならないというわけではありません。
誰でも気軽に始められる健康法として広く定着しているのです。

自宅でもやってみよう

ヨガのポーズを学ぶための道具と、実際に行うときに使うマットがあれば自宅でも簡単に始められます。
最初は簡単なポーズから初めて、徐々になれていくとよいのでは無いでしょうか。

Sorry, comments for this entry are closed at this time.